飲食店開業資金調達

03-5787‐8282
お問い合わせ

飲食店開業資金調達

弊所が貴社のご依頼を受けて、貴社の財務部長的立場で「融資戦略の立案」「必要書類の作成」「金融機関の開拓・調整」業務を行います。
弊所が金融機関と調整した後、社長様の判断・決済をいただきます。
社長様には、資金調達業務にかかる時間を最小限に抑え、経営に専念できます。
単なるアドバイスや書類の作成、金融機関に同行するだけの対応ではありません。

サービスの流れ

1.まずはご相談(無料)
決算書類、見積書等をお持ちください。
2.弊所から融資戦略をご提案(無料)
3.融資申し込み資料の作成
弊所でヒアリングした内容を書面にまとめます。
4.金融機関の開拓
弊所で直接金融機関にコンタクトを取ります。
5.金融機関との面談及び契約
社長様でご対応をお願いいたします。(必要なら同行します。)

サービス料金

完全成功報酬にて資金調達額の2~3%を目安にお見積もりをさせていただきます。

よくあるご質問

『創業融資依頼時点ですでに支払いを済ませた店舗保証金分の領収書を提示したが、これでは自己資金の証明にならないと、公庫担当者に言われた。』(相談者様)
ポイントは自己資金の出所の証明です。
・この資金は、確実に当該事業の資金として利用されること
・短期的な返済等を必要とする資金でないこと
・創業者が自分自身で蓄積した資金が好ましい
とされています。領収書は支払いの証明書であり、その資金の出所の証明にはなりません。

>当事務所にて、当該資金の出所のエビデンスを準備して公庫の融資依頼資料として提示し、その詳細を説明することで、理解を得ました。

この他のQ&Aを見る